Recruit

営業部

work 仕事内容

最初の仕事は「土地を探す」と「電話する」の2つだけです。 担当エリアを歩き、空き地や駐車場、畑など「賃貸住宅が建てられそうな土地」を探します。 そして土地の持ち主に「有効活用しませんか?」と電話がけをします。 駅チカ激戦区にはジムやドッグラン付の「付加価値賃貸」 駅から遠い不人気エリアにはファミリー向けの「戸建賃貸」 しかも太陽光パネルを付けて光熱費を掛けない、こちらも「付加価値賃貸」 その土地に合わせた当社独自の活用プランは入居者が集まりやすく、利益も早く出ます。 結構、土地の活用に困っている地主さんって多いんです。 「現状に満足している」というよりは「どうしたらいいのか分からない」状態です。 土地を有効活用することで節税対策になり、サラブレッドが管理を請け負うことでオーナー様の負担も軽減されます。 利益が出る、手間がかからない。そんなオーナー様のメリットが多いことも当社ならでは。 そのため営業は話のキッカケが作りやすく、強気の提案もご納得いただきやすいんです。 オーナー様といい関係が長く続く喜びがあります。 まさに、お互いに得する商材で、売りやすさが魅力です。 そのため営業未経験からでも早く稼げるんです。

one day schedule 1日の仕事

9:00
出社
9:15
全体で社内清掃
9:30
朝礼
10:00
営業部の各課でミーティング
11:00
移動
12:00
訪問営業しながら合間にお昼休憩。 担当エリアの地図を見ながら、 有効活用できる空き地がないか 足を使いコツコツ探します。
16:00
移動
17:00
会社に戻り、見つけた土地の登記情報を調べ、 土地の持ち主に「有効活用できますよ」と電話がけ。 アポが取れたら、上司に同行依頼できるので知識は不要! 仕事が終わり次第終礼をし、次の日の準備をして各自退社! お疲れさまでした!
※月1回、担当物件の清掃あり。 そこでオーナー様に挨拶することで、良好な関係が長く続きます。

第二営業部 多田健太郎(2021年入社)

入社数ヶ月で稼ぐ先輩がいる。だから迷わず突き進める。

飲食の専門学校を出て最初の1年は、カフェレストランでアルバイト勤務。いわゆるフリーターとして働いてた。でも、やっぱり稼げない!僕は片親で、母は本当に不自由なく生活させてくれてた。高校も私立だったし…。でも、そんな母のためにもいい加減安定するべきでは?と思うようになり就活開始。そして「稼げること」と「正社員」どちらも満たせると感じたサラブレッドに就職。この仕事って、前職とは正反対といえる。飲食時代に働いていたのは人気店だったから、お客様には困ってなかった。でも今の仕事は違う。「ウチの土地、活用できません?」なんて来社してくださるお客様は、まずいない。お客様に「求められる仕事」から「必要だと気づかせる仕事」となり思うこと…それは、電話よりも直接訪問する方が話を聞いてもらいやすいということ。一般的な営業スタイルとしては、まず電話。そこでアポを取るのが流れだけれど、僕は構わずピンポンしちゃう。自分って昔から、人によって自分をコロコロ変えていける、カメレオンみたいなところがあって。この人なら、こんな話し方が喜ぶだろうな。あの人ならこんなキャラ設定でいくか、とか。笑ってもらいたくてオーバーリアクションすることもザラ。言ってしまえばそれは、目の前の人を喜ばせたいっていうサービス精神になると思うんだけど、人に自分を合わせることが昔から苦じゃなかった。まず、会うことができたら人間観察。会社や事業の説明はさて置き、自分自身をアピールする。そして最近では、仲良くなった地主さんから6億円が入った通帳を見せられ…もう大興奮!まずは会う。そして自分をアピールする。そんな営業スタイルも、色々な失敗をへて見つけた自分だけのモノ。まさに僕の上司が同じタイプだから、勉強になることも多くて。本当に、失敗のすべてを糧にしていく!「100努力したら200見返りが欲しい!」なんて欲張りな上司で、顧客管理と適地管理にすごく力を入れてる。地主さん宅へ足を運ぶ、インターフォン越しで断られる。会ってももらえない。普通はそこで終わりだし、せいぜい時間をおいてアプローチするくらい?でも、上司は違う。そのインターフォンで話せた人は何歳くらいか?現在畑となっているその土地では何が作られているか?農家さんなら朝も夜も早いから、どのタイミングなら嫌がられないか?今回の訪問時間も正しかったのか?…など、すべてをメモして帰ってくる。それが駐車場でも同じ。何台車がとまっているか?見渡してみて、雑草が多かったり、駐車場の看板がサビだらけだったとしたら、管理会社はイマイチだな、サラブレッドの方がオーナーさんを大切にできるはず…とか。本当に、努力を無駄にしない天才。「裏技は?」なんて聞くと「努力」と返されるけど、本当にその通り。みんな頑張ってるなかで、いかに成果を出すかがこの仕事だから。そんな上司の刺激もあり、「どう動いたら効率がいいか?」と自分の中で考え、組み立ててから動く、以前にはない考える力も身についてきた。もともと、何かをガムシャラに!ってのが好きじゃないから、工夫ができる余地がある仕事って面白いと思う。
そんな僕も、まだ入社数ヶ月。本当に日々、分からないことだらけ!でも、悩んでいるときは必ず上司が相談に乗ってくれるかな。例え遅い時間でも、仕事の手を止めて話を聞いてくれる。これって、アルバイト時代にはなかったな。ここは面倒見のいい先輩が本当に多い!知識も頑張りも、接客も言葉遣いも…勉強になることばかり。何者でもない僕がそんな先輩に近づくためにはどうすればいいか?ってよく考える。センスなんかは急には変えられないけど、知識は勉強すれば蓄積されていくはず!自分に無いものを少しずつ補っていきたいと思ってる。僕自身、「仕事は仕事」として、昔から職場の人間に依存しすぎないよう一定の距離を保つよう心掛けてきて…だって仕事じゃなく誰かに依存したら、その人が辞めたとき、何をモチベーションに仕事をすればいいか分からなくなると思ってたから。それでも、そんなこだわりさえ吹き飛ぶくらいに、サラブレッドの人情には日々救われてる!ありがたいな。でも正直、僕自身もここには長くいられない。飲食を離れた今は準備期間。今後の目標は、2年後に係長。そして、5年後には仲間と飲食店経営をスタートさせること!融資がおりるためにも、とにかく資金が必要。ここでヤリガイを感じつつ、手っ取り早く資金を作って、経験を積んで。どこでも通用するくらいに社会人として成長し、夢を実現させたい。昔からの夢が、現実味をおびてきた今。ここで全力疾走して、念願のお店をオープンさせ、ふと振り返ったときに「サラブレッドが僕を作った」と思える日がきっと来る。だから、僕より数ヶ月前に入社した先輩が結果を出し、とにかく稼いでる今の状況には本当に鼓舞される。理想の姿が目の前にある。だから今日も、この道を信じて頑張れるんだ。

第一営業部 鈴木諒(2021年入社)

動機なんて不純でいい。僕なんて「美女と遊ぶため」。

人生、お金でほぼ決まると悟ったのは前職時代。高級ホテルのレストランでサービスを担当してた僕のお客様は、当然お金持ちばかりだった。ブランド物で身を飾り、フレンチを優雅に楽しむ。同じ空間にいるのに、僕とはまるで違うその存在に、カッコよくて憧れた。でも現実は、上がらない給料。そしてコロナの影響でお客様が激減し、経営不振から減ってくボーナス…入社5年目で年収300万円を切ったとき、不満が爆発!やってられるかって、急にアホらしくなった。美女と遊びたい。海の近くに庭付きの家を建てたい。…色んな欲望はあれど、サービス業は好きだった。コミュニケーション力が活かせて、人と人との触れ合いがあって、資格がなくても稼げる仕事って何?そして見つけたのがサラブレッドの営業職。正直、稼げれば仕事の内容なんて何でもよかった。「何がやりたいかなんて僕にはない。お金のためなら何でもやります!」面接でそんな宣言をして社長に褒められたっけ。後から教えてもらったのは「面接で綺麗ごと並べるヤツほどすぐ辞める」ってこと。どうやら僕の不純さを気に入ってもらえたようだった。入社前は「不動産なんてどうせ理不尽だろう」って思ってた。でも、サラブレッドは違った。とにかく温もりがある!この会社の最大の魅力は『人情』だと思う。自分のことで悩んでいると上司が察してくれて「今日は一緒に回ろう」のお誘い。東京とか神奈川とか、あえて遠くのエリアを設定して、運転中に悩みを聞いてくれる。それで二人で美味しいものを食べて、帰ってくる頃には心が軽くなってる!最近、自分の確認ミスから契約が白紙になってしまって…自分史上、一番大きな案件だっただけに、本当にショックだった。そんなとき社長から言われたのは「ケツは俺が取るから前向け。気にするな!」のお言葉。最後にはこの人がいる。そんな安心感からノビノビやれて、今では2ヶ月に1度のペースで契約が取れるように。自分らしく働けてるなって思う。
前の職場では、身内に気を遣う毎日だったから、すごく新鮮!ホテル時代はコンプライアンスが厳しくて、堅苦しさもあって…上司に「ちょっといいですか?」なんて気軽に質問なんて絶対できない!毎日ソワソワしてた。だからサラブレッドみたいに素でいられる環境って初めて。小さな会社だから、すぐ隣にはサラッと質問できる上司がいるし、仕事以外に遊びだって教えてくれる。キャバクラにガールズバー、会員制のホテル…そして銀座のキャバクラで遊んだ後の会計にはビックリ!「え?これって給料一ヶ月分じゃね?」なんて。たじろぐ僕を前に、とんでもない金額をサラッと払う先輩。「お金を稼いだら、楽しいことがたくさんあるぜ?」そう語る先輩の背中がカッコいいと思った。いい具合に公私混同してくれる会社で、たくさんの人に見守られながら『稼ぎ方』を教えてもらってる。勉強すること自体は嫌いじゃないので、個人的に宅建も勉強してたり。知識が豊富な上司がたくさんいるので同行してもらう度に「まだまだ!」って気合も入る。ちゃんと稼げる、そして人も最高!そんなサラブレッドなら長く働けると思い、部屋も近くに借りたばかり。…部屋といえば最近、融資を打診する際にお客様から通帳を見せていただいき、その資産から『オーナーは稼げる』と知ってしまい…。自分も実家の土地を受け継いだら、すぐに有効活用したいなと思った。色んな人の人生を見てるから、自然と視野が広がってく。面白さがある。そして気づいたことは、資産がある人って意外と質素な暮らしをしてるってこと。贅沢な暮らしぶりはそこになくて、食べてる物や洋服なんかも僕と大きく変わらない。でも、それを『選んでいる』というスタイルもまたいいなと。同じ質素な暮らしでも『したくてしてる』と『やらされてる』じゃ大違い!お金があればすべてを自分で選べるし。結局、リスクを追った人の方が人生を豊かにしてると思う。もちろん、その中で失敗もあるだろうけど、その分モノを知る機会が圧倒的に多いと思う。人生、飛び込まないと始まらない!社長が求めてるのは「本当に稼ぎたいと思うヤツ」それだけ。僕自身が不純な動機で入社してるし、このレジェンド揃いの会社で稼ぎながら、自分のやりたいことを見つけていくのもいいと思う。「美女と遊びたい!」なんて意気込んで入社した僕はといえば、稼ぐ金額が大きくなるにつれて、なぜか欲が減って。変化といえば、発泡酒がビールになったことくらいかな?今はサラブレッドという傘に入って、自由にやっていくことが楽しいかな。…大変さ?もちろんある!ただ努力してもそれだけじゃ認めてもらえない、結果がすべての厳しい仕事。本当に、宝を見つけるような商売だとも思う。成果があって初めて、努力が認められる。この仕事で一番キツいところはそこかな。だから契約が取れると嬉しいという気持ちよりも、安心感が勝つ。生きてることを実感できる毎日、なかなかいいですよ。
エントリーフォーム